2020年の東京五輪に向けて、日本は今まで以上に英語教育に力が入っています。多くの来訪外国人により、高い経済性が見込まれています。世界各国から訪れる観光客の皆さんとスムーズに会話をするためには、ネイティブに近い訛りのない英語の発音を学び理解を深める必要性があります。

英語の勉強を始めると、不思議に思うことや多くの疑問が生まれます。こんな単語に見覚えはありませんか?climbのb, knifeのk, 同じくknowのk, それからnightやeightのgh。これらの音は発音しません。

どうしてでしょう?それなら綴りを変えてしまえばいいのに、そうすればわかりやすいのにどうして読まない文字をそのままにしておくのだろう。

日本語は書かれている文字をそのまま読めば大体の人が正しい発音をすることができます。

でも、英語はそうはいきません。読むべきではない音を知らずに読んでしまうと、正しい情報が相手に伝わらないのです。伝わる英語を話せるようになるには、正しい発音を身につける必要があります。

勉強や会話の途中で新しい単語に出会ったら、意味だけを調べるのではなく発音にも興味を持ってみると、英語に対する理解がさらに深まって一石二鳥ですね!