授業を受けるにせよ、海外留学をするにせよ、一番重要なのは「柔軟性」です。柔軟性とは、いかなることがあっても、どれだけ難しく思われても、とにかく人と関わり、お友達を作り、喋る機会を設けることであります。

柔軟性をもって、前向きに、オープンに接することによって、日常会話術はもちろん、地方の言葉や、流行語をも学ぶことができる。テキストでは見つからないが、実は生活に欠かせない言葉が多く潜む英語に関しては「柔軟な考え方、接し方、受け入れ方」の三つが最も重要と思われます。