知識を得ることでより成果に満ちた人生を送れると思われる。その知識の中でも一番実用的なのは言語力だと言えるが、本人は勉強を始める前に目的とする外国語をなぜ勉強したいかを意識しなければならない。「海外行きたくて楽しみたい」という目的で外国語を学び始める学習者の多くは数ヶ月後勉強を諦める。一方、海外旅行まで持続しても、海外行ってみて色んな経験を得られる。各国悪いところといいところもあるから。なので、必ずしも外国の魅力さに惹かれるわけじゃない。

英語の勉強と練習を続けなければならない

個人的な経験だが、中国語を勉強してから中国本土行ってみて帰国後本当に中国語の勉強を続けたいか疑問に思った。同様に、日本からアメリカの治安が悪い大都会を訪ねてみると「英語の勉強をやめよう〜」って思う人が少なくないと思う。絶望に伴う本能的な気持ちだが、特にこの時点で英語の勉強と練習を続けなければならない。

言葉や表現を実際の会話で練習することがおすすめ

言語を学ぶことは決して楽な過程ではなくて、最初の数ヶ月間に上達感がほとんどない。その間は、日常会話で使う文法と単語を身につけなければならないが、それだけでは喋れるようにならない。なので、それからなるべく毎日以前覚えた言葉や表現を実際の会話で練習することがおすすめ。そうすると自分が言いたいことを言えるようになるが、まだ正しい英語が使えるわけではない。ネイティブレベルの英語を把握するのに数年間の時間に加えて一生懸命自分の言い間違いを直す必要がある。

自分の変な英語をどのように直せばいい?

正しくない外国語を喋る時にその外国語の母語話者に直されない場合が多いので、どうにかして自分の言語を直さなければならない。高効率な方法として、ネイティブの話し手と会話する時に相手の言葉遣いに注目しながら以前自分が言い間違えた言葉に気づくという方法がおすすめ。

正しい言葉遣いを身につけたい

外国語を学ぶ時に非常に重要なのは自分を直すことである。多数の単語を勉強するのは難しくないが、慎ましく使い間違えている英語を直すのが簡単ではないと思う。しかし、誤解されるのを避けたかったらそうするしかないだろう。 今回の記事はここで終わるが、英語や外国語学習について気になるところがございましたら、「infoアットマークldczk.com 」までメール下さい。