いくつかのたとえが思い浮かべますが、先ず、政治的な勇者(英語:political hero):彼は自分の党を裏切ってとしても、仕事がなくなるとしていも、正しい選択をし、野党側に一票を入れた、勇者政治家でした。

もっとわかりやすい例を用いると、現代のビデオゲームのファイナルファンタジーで例えると、ライトニングの例がある:家族を守るがため、勇者ライトニングは身代わりになって、ヴァルハラーに行き、戻ってくることの見込みもなく。。。

もう一つの身近な例を挙げますと、いじめ問題に相当する例もある:毎日チャーリー君は大きいいじめっ子が小学一年生をいじめて、小遣いを奪うのを見ていました。

悔しくて、一歩出す勇気がなかったが、ある日、頭のスイッチがいきなり切り替わり、力がわき、大きな声でいじめっ子を怒鳴った。。。

最終的には殴られて、倒されることになったが、小学一年生にとっての勇者(英語:brave hero)であり、人気者(英語:very popular person)になった。

勇者というのは形は無数で、いかなる社会的場面に生じ得る。

上記のことに基づき「勇者」と言うのは英語で簡単に「hero」または「brave hero」や「champion of justice」と言えます。使い方が文脈によって異なりますので、いつも気をつけましょう!

「brave hero」の使い方が不明でしたら、ツイッターでお聞き下さい!