「ルールを守る」と聞くと、ちょっと堅苦く窮屈な気持ちになりませんか?

英語: Don't you feel rigidity or constrained when hearing "obey the rules"?

規則を破って罰を受けたりなど、学生時代のことを思い出す人もたくさんいるのではないでしょうか。

ルールは守るためにあると思ってしまいがちですが、実は私たちがルールに守られているのです。

英語: We tend to think it is there for us to follow the rules, however we are protected by the rules.

例えば、交通ルール。

交通ルールがこの世に存在していなかったら、私たちは外に出ることもできません。

ちょっとコンビニに行くのさえも命がけです。

ルールを守らなかった場合はどうなりますか?事故にあったり、最悪の場合命を落とす可能性もあります。

英語: What if we disobey the rules? There is also a possibilty of running into an accident or in the worst case we might lose our lives.

規則があって、皆がそれを守ることで、自身も守られているのです。

また、海外に出ると、ルールの大切さやいかに自分がルールに守られていたかを実感する場面が多くあります。

なぜなら、皆が同じルールを共有しているわけではないからです。

自分を守るためには、積極的にルールを学び実行していく必要があります。

文化や価値観の違いから争いが起きたり、コミュニケーションが上手くとれなかったり。

時には、ルールがあればいいのに!と思うことさえもあります。

ルールの大切さやありがたさを知り、なぜそのルールがあるのかを正しく理解することが大切です。

上記の記事で書いてある通り、「ルールを守る」というのは英語で簡単にいうと「to obey the rules」となります。場合によって「to follow the rules」とも言えます。

皆さんに役に立ちましたでしょうか?英語についてもっと知りたい場合、ツイッターでメッセージをお送りください!